スーバーのリサイクルコーナーでビックリした出来事

週に2回程買い物に行く近所のスーパーには、牛乳パックや発泡スチロールのトレイ等を回収するリサイクルコーナーがあります。その中にペットボトルを回収する専用の機械もあり、ペットボトルの本数によってポイントが貯まり、そのスーパーで使える電子マネーに交換する事が出来ると言う優れものです。我が家では特に夏場は空のペットボトルが大量に出るので、買い物に行く度にこの機械を利用しています。
もいつものように沢山のペットボトルを持ってスーパーに行きました。まずはペットボトルを機械に回収して貰う為、1本ずつ機械の取り込み口にペットボトルを入れて行きます。何本か入れた後、急に機械から「ピーッ!」と言う音がして思わずビックリしてしまいました。何が起きたかわからずに居ると、いつの間にか私の横に60代くらいの女性が居て「ああ…一気にペットボトルを入れ過ぎたのよ。今係りの人を呼ぶから。そのまま待ってなさい。」と言って機械に備え付けてある呼び出しボタンを押した後、颯爽と店内に入って行ってしまいました。その間私は一言も発していませんでしたが、その女性は私の反応を待つ事無くテキパキと慣れた様子で動いていました。全く知り合いでも何でもありませんでしたが、女性が押してくれた呼び出しボタンのお陰で店員さんが駆けつけてくれ、機械の状態を見てくれてその後は無事に機械の動きが再開してホッとしました。回収する予定だったペットボトルも無事に全て機械の中に収まり、身軽になってその後は買い物に集中出来ました。
この女性のお陰で大きなトラブルにならず、スムーズにペットボトルの回収や買い物が出来たので感謝しています。困っている人に声をかけて出来る範囲で手伝うと言う、この女性の姿勢は見習わなければいけないなと思いました。いつか何かに困っている人を見かけた時には、今度は自分がその人の力になれるように行動したいです。この女性にまた会う事が出来たら、きちんとお礼を伝えたいと思っています。